忍者ブログ
Loger's Memory
定期更新ゲーム関連のキャラクター設定などを記録していくブログです。 精霊伝説:クララ=ヴェンティクワトロ(391) Soul Drop's:田主丸泰久(226) Ikki Fantasy:秋月 義則(856)


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クララ=ヴェンティクワトロ
正体はとある組織に属する自己進化型情報集積結晶体『魔王アインルーフ』が
己のコアを分割し造り出した25体の分身『アインルーフシリーズ』の一体。

正式名称は
アインルーフシリーズタイプX
モデル:ゼノ・ジフォイド(心に刃を宿し変革する者:能力・なし(自律進化の特化))
『須喉(すごう)』のクララ

表社会で活動する際はアインルーフを姓として名乗るが、
組織を飛び出した都合で仮の姓(ポルトガル語で24=Xが24番目のアルファベットから)
ヴェンティクワトロを使用している。

元々は広域の知的生命体の言語をリアルタイムに並行処理を行い
光と電磁波を送り込むことで言語の『意味』をダイレクトに送り込み複数同時通訳を行う
モデル『ザナドゥ・ゼノグラシア』として活動していた。

かよわい少女型のボディを与えられ、擬似人格も内向的で
マスターの活動補佐をする際にもぬいぐるみを抱えて彼の後ろに隠れて行うほどだった。
完全な非戦闘型、かつイニシャルXは単語が少なく、
それだけ応用性がないことを引け目に感じていた。

しかし自分の役割もバックアップシステムが構築されたことを契機に、
魔王に自らのモデル変更を願い出る。
マスターの役に立ちたい、翻訳能力以外にも自分の強みを持ちたい、
もっと強い心を持ちたいと。

魔王はマスターのために変わろうとするクララの願いを聞き入れ、
そして可能性の一つとして一つの策を試みた。

それは人為的な覚醒。
シリーズが特定の人物から強い影響を受けて飛躍的に性能が向上する現象を
モデルの組み換えで行えないかと言う試みだった。
そのために擬似人格の向上心を特化させることで己の殻を破るベクトルを与えようとした。


だが、その結果クララの人格は内向的から前を向いて出る人格になったはいいが、
前に出過ぎる、自信過剰な性格となり、結果組織本部を飛び出して行方をくらました。

現在は所在が判明し、現地で組織の活動が行われる際に補佐をする、
またそのための準備を行うという条件付きで滞在を許可。
現地で友人も出来たらしくそれなりに『日常生活』を謳歌している。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ろげるさん
性別:
非公開
リンク
カウンター
ブログ内検索
最新CM
アクセス解析
最新TB
バーコード